• ホーム
  • 役に立たない成人病保険特約会社は?

役に立たない成人病保険特約会社は?

眠れない女性

役に立たない成人病保険特約会社は、介護特約などを一番の売りにしている会社です。
成人病保険特約で介護特約というものは簡単にいうと、介護が必要な状態になったら、保険金が出るというものなのですが、条件が非常に厳しく、180日以上介護状態で、今後も介護状態が続く、と判断され、やっと保険金がでるのです。
ですので非常にきびしい保険特約なのです。
人間、誰もが長生きをしていけば、目が悪くもなり、筋力が衰えていき、結果足腰などが悪くなり、一人で身の回りの世話ができなくなるので、介護が必要にもなりますが、実態としては成人病などから発症した、がん・心臓病、脳こうそくなどの脳卒中などで、介護を受ける前に、その半分以上の方がなくなってしまいます。
ですから保険などに頼り切らずに、自分の体は自分でまもることが大切です。
がん・心臓病・脳卒中などの重篤な病気に、突然、健康な体のかたがなることはありません。
多くの病気には小さな予兆や、原因があります。
その原因としては、高血圧、高脂血症、糖尿病、肥満などの成人病、生活習慣病があるといわれています。
高血圧、高脂血症、糖尿病、肥満などの病気にも同じように、原因があり、それは、頭痛、肩こり、不眠症、慢性便秘などの不定愁訴といわれる不快な症状です。
その不定愁訴も元をたどれば、自分自身の生活習慣であり、食生活の乱れ、運動不足による筋肉の衰え、ストレス、お酒、アルコールの飲みすぎ、たばこなどにより、弱アルカリ性で健康だった血液が、酸性になっていくことによりおこるといわれています。
ですので、日々の生活習慣をできるかぎり見直し、ストレスをためすぎず解消することを心がけていくことが大切です。

関連記事
成人病である脳卒中発症の割合 2019年08月18日

成人病の一つである「脳卒中」は、おもに3つのタイプに分かれます。脳の血管が詰まってしまう「脳梗塞」、脳の血管が破れて出血してしまう「脳出血」、そして脳のくも膜の内側で出血が起こる「くも膜下出血」、一般的にはこの3つのタイプを総称して「脳卒中」と呼称しています。脳梗塞は、脳の血管が動脈硬化によって狭く...

成人病からくる偏頭痛のチェックについて 2019年09月25日

成人病からくる偏頭痛のチェックについてですが、偏頭痛原因はさまざまありますが、成人病からくるものがとても多いといわれています。ですので、成人病のもとを正せば偏頭痛のチェックが可能であり、偏頭痛は改善されていきます。成人病とは、生活習慣病といわれるもので、長年の生活習慣からくる4つの病気のことで、死の...

成人病によるめまいを栄養管理で改善 2019年10月29日

生活習慣病はかつては成人病と呼ばれていました。成人病が生活習慣病に改名されたのは、食生活、ストレス、飲酒、喫煙、運動不足などの生活習慣が原因で起こる病気が低年齢化したからです。成人だけではなく、小学生にも見られるようになったため、改名されました。成人病が生活習慣病に改名されたのは1996年からです。...